旅好きの気ままなお話

旅のこと映画、統計、会計、プログラミングなど、気の向くままに語ります

Djangoとnginxでstaticファイルが当たらないとき

普段nginxの設定をしない自分からすればめっちゃ詰まりました。。。

nginx,uwsgi,djangoを使ってサイトを公開しようとしました。

すると、おっ独自ドメインでサイト見れるぞ!っとここまでは良かったんですが、
あれcss当たってない。。。。
と言うかstaticファイル読み込んでなくね。。。

となったわけです。

chromeの開発者ツールで見てみると
403エラーと出ているわけです。

ふむふむ、だいたいこれは権限関係のことだなっと。
まぁ、本当はというか、絶対良くないけど、アプリ配下の権限777のしちゃえば良くない?と思って変えたわけです。

しかし、直らない。。。

そして
ps aux | grep nginx
でようやく真相をするわけです。

あっ、nginx起動しているユーザー "www-data" みたいなやつだ。

自分のアプリのユーザーと違う。。。

まぁ、そこでnginxの起動ユーザー名を変えたら直りました。

つまりは

myprojectのユーザーが hogeなら

/etc/nginx/nginx.conf
一番上らへんにある

user www-data;

user hoge;

に変えてあげんと駄目だったんです。