旅好きの気ままなお話

旅のこと映画、統計、会計、プログラミングなど、気の向くままに語ります

Sublime3のPackage Control

Sublime3のパッケージコントロールの仕方

まず、以下の赤字の部分をコピーする

import urllib.request,os,hashlib; h = '2915d1851351e5ee549c20394736b442' + '8bc59f460fa1548d1514676163dafc88'; pf = 'Package Control.sublime-package'; ipp = sublime.installed_packages_path(); urllib.request.install_opener( urllib.request.build_opener( urllib.request.ProxyHandler()) ); by = urllib.request.urlopen( 'http://packagecontrol.io/' + pf.replace(' ', '%20')).read(); dh = hashlib.sha256(by).hexdigest(); print('Error validating download (got %s instead of %s), please try manual install' % (dh, h)) if dh != h else open(os.path.join( ipp, pf), 'wb' ).write(by)

 

次にSublime3のViewのshow consoleを選択する。

f:id:tabilike:20160413214933p:plain

 

そして、下部のコンソールに赤字を貼り付ける。

f:id:tabilike:20160413215032p:plain

以上の作業でパッケージコントロールを導入できる。