旅好きの気ままなお話

旅のこと映画、統計、会計、プログラミングなど、気の向くままに語ります

フィリピンのラム酒 ドンパパを呑んでみた

DON PAPAとは

ドンパパはフィリピンのラム酒である。

日本で有名なラム酒といえば、キャプテンモルガンやハバナクラブ、ロンサカパなどである。

また、ホワイトラムなんかでいえばバカルディがよくカクテルの材料として飲まれている。

f:id:tabilike:20160413214349j:plain

 

ドンパパは上記に挙げたラム酒でいうとロンサカパのようにロックやストレートで飲むのに適している。つまり、ドンパパはラム酒の中でも高級品の部類なのだ。

ちなみに、日本で買うならば5000円ほどする。(マニラでは日本円で3500円ほどであった。)

 

味はというとロンサカパよりもフルーティーで甘く、サトウキビのような純粋な砂糖の甘みも感じる取れる。それでいてしつこくなく、のどに馴染むように入っていく。決してすっきりはしていなく、どちらかというと濃いのだが、くどくなくアルコールの雑味もなく美味しくいただける。

 

いままで飲んだラム酒の中で間違いなく最高のものであった。

 

お知らせ 下のブログにお酒関係は移行しています!!

won-der.net